探偵の仕事の中身を知る

探偵という仕事の定義

img001

探偵というのはおそらく日本にいれば大体の人が聞いたことのある言葉であると思われます。金田一やシャーロックホームズ、ルパンなど、難事件を推理で解決して見せたりする探偵のお話は結構ありますよね。
ただ実際の探偵はというと、そんなに殺人事件に毎回関わって解決する探偵などいませんし、浮気調査をはじめとしたもっと違う業務が殆どです。探偵の業務は実は探偵業法という法律によって定義されており、
『他人の依頼を受けて、特定人の所在または行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう』
となっています。
そしてこの探偵業を行うには、その営業所の所在地を管轄する各都道府県公安委員会への届出を義務付けられ、『最近5年間に探偵業法に基づく営業の停止又は廃止の規定による処分に違反した者』などといった欠格事由に触れてしまえば、営業を禁止されます。

探偵法とは

これは2007年に施行された探偵業法で、日本ではそれまで明確に定義されなかった探偵業務についての法律となります。
時折、悪質な探偵業者に関するニュースなどを聞くことがあるかもしれませんが、2007年まではそもそも法整備があまり整っていなかったのです。そのため悪質な(調査によって手に入れた個人情報を元に恐喝を行う、調査と称して明らかな違法行為を行うなど)探偵も多く、探偵による犯罪や依頼人とのトラブルもよくあったのですが、この法律の施行によって違法調査を行う探偵の多くが取り締まられました。

探偵は業務で何をするか

探偵の事業内容、つまりは調査の手法や、具体的な仕事内容についてですが、多いのが『他人の依頼を受けて特定人の調査をする』……浮気調査や人探しなどというものもありますが、調査対象は個人だけでなく企業ということもあり、例えば『取引先の企業は信用に足るのか、詐欺などではないか』『社員が産業スパイなのではないか』『横領をしていないか』といった事を調べる信用調査、他にもいじめ対策にストーカー対策などといった犯罪に関する調査も行います。
探偵の調査対象は多岐に渡り、また、時には一般事務から、指紋分析や筆跡鑑定、DNA鑑定などまで行う事があります。

[お勧めリンク]
探偵の得意分野はそれぞれ異なるものですが、探偵の業務の中でも特に需要の高い「浮気調査」を依頼する際は、それと得意とする国内有数の大手探偵業者「響・Agent」がオススメです。→→→→→→→→響・Agentの評判

探偵と探偵の義務についての話

探偵という仕事の定義

漫画のタイトルや登場人物から電車内の浮気調査の広告など、日常の様々なところで探偵という文字を見ると思います。職業としても有名ですし、一度はなりたいと思った人もいるのではないでしょうか。
ですが実際に探偵の仕事について詳しく知っている人は多くないでしょう。
探偵の業務には法的な定義がきちんとあります。
『他人の依頼を受けて、特定人の所在または行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう』
これは探偵業法と言われる法に書かれた、業務の定義です。
そしてこの探偵業の営業をするには個人であろうと法人であろうと変わらず、営業する地域を管轄している警察署長を経由し、公安委員会へ届出を出さねばなりません。これは探偵業をする際の義務の一つ(公安委員会への提出義務)となっています。

探偵調査では何をするのか、何があるのか

さて、それでこの探偵業務の詳細ですが、主なところでは調査が基本となります。浮気調査や、素行調査、身辺調査といったいわゆる「よく聞くもの」から、テレビの調査番組などでよく見る、無作為に選んだ一定数の人に調査を行う接触調査、取引を持ちかけられた企業や人物に対して、それが信用できるか調べる信用調査……。これでもほんの一例であり、こうした様々な情報(その多くには決して第三者には漏らせない個人情報も含まれます)を入手し、取り扱う仕事と言えましょう。
それらは、依頼人から渡された少ない情報を元に更なる情報を芋蔓式に得ていく事もあれば、いわゆる情報屋から得るといった場合もあります。尾行などで調査をしていく探偵像を思い浮かべる方は多いと思われますが、現在ではむしろ、人件費がかからず時間もかからないという事で、PCを使って手元の情報から目的の情報を探って行くやりかたが主流となります。
勿論、こうして探偵業によって得た調査結果は、決して犯罪、違法行為等には使用しないようにと、依頼者と制約書類を交付する義務もあります。

探偵を縛る法律の存在

上記の探偵事業についての文にも出てきましたが、探偵業法という法律があります。日本では、2007年まで探偵の仕事を明確に定義する法律が実はありませんでした。そのため調査過程で違法行為をしたり、場合によっては依頼人を含む多人数の弱みを握って悪質な行為をする探偵も多く存在しました。
2007年に施行された『探偵業の業務の適正化に関する法律』通称・探偵業法によって、違法行為を行う探偵の多くが取り締まられました。

探偵とは、探偵業法とは

探偵の業務と探偵業法

『他人の依頼を受けて、特定人の所在または行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する』
これは、探偵業法という探偵の法律に書かれた一文です。
探偵業法とは、正確には『探偵業の業務の適正化に関する法律』といい、その言葉の通り、探偵の業務を法律の範囲内で健全に行う為の義務や、違反した場合の罰則などについて書かれた法律です。
これは2007年に施行され、それまで日本内に多くいた、犯罪行為を行う悪質な探偵業者を多く取り締まるのに貢献しました。
探偵の業務は多数の人間の個人情報や企業内のデータを管理するという、いわば他人の弱みを沢山握れるその性質上、犯罪に使われた場合非常に悪質なものになります。また、調査によって得た個人情報の扱いやそれを得るために行った調査内容から、依頼人とトラブルを起こすこともあります。
探偵業法はこうしたトラブルや、探偵の違法行為を防ぐための法律なのです。勿論違反すれば営業停止処分も十分にありえるものです。
この法律に認められ探偵業を行うには、その営業所の所在地を管轄する各都道府県公安委員会への届出が必要で、公安委員会に認められた個人または法人のみが探偵業を営む事ができます。

探偵の調査はどの程度のものなのか

探偵の調査の効力ですが、例えば電話番号一つ、他にも生年月日と名前だけがわかっていると、それだけで個人情報の大半は大体調査できるといっても過言ではありません。
生年月日だけでも人間は大分絞れますし、そこに名前が加われば、その日に生まれたその名前の人間という、かなり限定的なところまで既に絞れてしまいます。そうなればもう住所も電話番号も割り出せますし、それどころか職歴やクレジットカードの仕様歴までわかってしまいます。電話番号に関しては、それだけで住所や氏名が割り出せてしまい、そうなれば生年月日と同じように、住所氏名から本籍地、そこから戸籍、更に家族関係や交友関係に仕事関係、預金の残高と、全ての個人情報が芋蔓で割り出せます。ただ、それだけにプライベートな情報を守ることにも長けており、逆に依頼によっては、個人情報や企業の情報漏えい防止など、様々なデータを守るためのアドバイザーをすることもあります。
探偵が出来る事を書くと何とも恐ろしげかもしれませんが、それがあなたに牙をむかない事は法が保障しますし、それどころかそれは、あなたをトラブルから守る武器となるはずです。

探偵事業について

探偵、結構あちこちで聞く言葉です。主に浮気調査の広告や、或いは名探偵コナンなどをはじめとしたフィクションなどで、ですが。
どれも「これが探偵のすべてだ!」と言えるかというと、残念ながらそんなことはないでしょう。
では実際の探偵事業の定義が何であるかというと、
『人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する』
と、探偵業法という探偵業の法律により定められています。
そしてこの探偵業を行うには、その営業所の所在地を管轄する各都道府県公安委員会への届出が必要で、公安委員会に認められた個人または法人のみが探偵業を営む事ができます。

探偵調査の実態

探偵の事業内容、つまりは調査の手法や、具体的な仕事内容についてですが、これは上記の『他人の依頼を受けて特定人の調査をする』、つまりは尾行や監視、聞き込み調査による浮気調査や人探しなどの特定個人の行動調査や行方調査といった調査や、企業に対する信用や情報の調査も行います。
それらの調査方法ですが今ではイメージによくある足を使った調査はあまりしません。例えば電話番号から氏名や住所を割り出す、氏名や住所から生年月日に本籍地、さらにそこから戸籍内容……と、僅かなデータから次々情報を割り出す事が可能なので、足を使った調査は最後に証拠写真を入手する目的などで行います。
ほかにも防諜、上記に記したとおり探偵はデータの取り扱いに長けていますので情報漏えい防止やプライバシー保護のアドバイザー、他にも個人情報の絡んだトラブルに関する相談受付などをすることもあります。

探偵法について

実のところ日本では、十年ほど前まで探偵業者の業務は明確に定義されていませんでした。そのため悪質な(調査によって手に入れた個人情報を元に恐喝を行う、調査と称して明らかな違法行為を行うなど)探偵も多く、探偵による犯罪や依頼人とのトラブルもよくあったのです。2007年に施行された探偵業法によって、違法調査を行う探偵の多くが取り締まられました。